忍者ブログ

薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』

Medical Herbalist Ralph ≪ Wholelovedly From Whale Front, on and on ≫   こちらのブログはゲーム関連の記事だけの分家です。本家は『龍執事のハテナすぎる角』のほうです。PCオンラインゲームやPCブラウザゲームの記事がほとんどです。  【注意】記事をお読みになる際は ”日付” にご注意ください。すでに仕様が変わってしまった内容も多々あります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漢(おとこ)の兵道は雄心勃勃。/ 続・鏡のなかのノスタルジア

オンラインゲーム『アラド戦記』からの話題です。

はいはい、連投連投!



◆◆第1章 漢 (おとこ) の兵道は雄心勃勃。

復帰後、放置する前に行き渋っていた『アントベル峡谷』のシナリオクエストを消化しております。『ゲントの東門』『ゲントの南門』を終えて、『ゲントの北門』も無事完了できました。

そして、『ゲント防御戦』へとコマを進めるのでした。




そこは『おっさん兵』のパラダイスでした。





最初のほうのスクリーンショットではありません。新ダンジョンに突入するのにそんな余裕はありません。霧で見づらいですが、全部で6つの職種があります。それぞれが軍服の色で区別されています。

 ① カルテル一般兵士(緑色の軍服)
 ② カルテル衛生兵(白色の軍服)
 ③ カルテル放火兵(赤色の軍服)
 ④ カルテル支援兵(紫色の軍服+通信機器)
 ⑤ 機関兵(紫色の軍服+銃)
 ⑥ 追撃砲兵(茶色の軍服)

少数であれば動きを見切れるのでそれほど難しくないのですが、” 支援兵 ” が混ざっていると厄介なんですよね。必殺技の『放雷』がけっこう痛い。


この『おっさん兵』に惚れました(笑)


なんか格好いいんですよね。姿勢は悪いのですが、顔をよく見るとスカルフェイスですし、軍服も編み上げブーツもよく似合っています。格好いい人でないと軍服って見映えしないんですよね。

特に私は『機関兵』のおっさんが好きです。



銃を構える姿に惚れました。横向きなので見えませんが、漢 (おとこ) の背中の匂いがします。背後に回っても気づかないほどの『集中力』の持ち主です。その視線に『ひたむきさ』を感じてしまうほどです。


そうそう、このマップにもメカがあります。公式サイトによると『ガドリング砲塔』という名前だそうです。



弾をダダダダダ~っと連射できます。ほとんどの場合は、銃口の先に爆発物があって、一定量の弾を撃ち込むと爆発しておっさん兵が吹っ飛びます。

支援兵が本当にうざいので復讐します。



コンボ!コンボ!無意味なコンボ!(笑)

でも、本当にこのおっさん兵のことを大好きになりました。野営テントで何夜でも一緒に明かしたい仲になりたいです。編み上げブーツの臭いの嗅ぎ合いや、ちんこのもみ合いバトルなどで親睦を深められたら最高です。



       ◆◆◆◆◆◆



そんな格好いいおっさんエリア『ゲント防御戦』を無事完了できました。続いてのシナリオは『夜間襲撃戦』だそうです。




ここは大嫌い。


『殺人サーカス団』のような敵団です。私はピエロが苦手なのでキツいです。マクドナルドのキャラクター『ドナルド』のような敵ばっかりです。


殺人ピエロの巣窟に足を踏み入れた私から ” 笑顔 ” が消えました。


とにかくスクリーンショットを撮る余裕もないくらい、大変なエリアでした。とにかく殺人ピエロの足が速い。攻撃はパターン化されているのですが、動きが速くてスキルの照準をうまく合わせられなくて悪戦苦闘しました。

唯一撮れたスクリーンショットがこちらです。



『 ” 砂風のベルクト ” さんとこのダンジョンで落ち合え』というクエストのひとコマです。本当に殺人ピエロを相手にするのに余裕がなかったんです。

それから、このダンジョンにもおっさんが登場しますが、なんとなく貧相な風貌です。ちょこまかと動き回り、あげく貧相な寝袋でご就寝しています。これが殺人ピエロとマーブルされると『ウザい』のひと言です。

そして、このダンジョンも完了できました。ただ、前回記事に書いた『補助装備クエスト』は、このダンジョンの難易度 ” マスター ” 以上でボスを倒さなければいけないクエストだというが判明しました。

きっつぅ~。

とりあえずシナリオを進めていこうかと思います。次のダンジョンは『補給(路)遮断戦』だそうです。




◆◆第2章 続・鏡のなかのノスタルジア

前回の記事で『ミラーアラド』に5回挑戦するクエストをやって懐かしんだ、ということを書きました。この次のクエストも同じで、5回挑戦するものでした。

では、5回挑戦したいと思います。


最初は萬年雪山の『スカサの巣』でした。ここは苦手です。



冷気ブレスの回避タイミングを忘れてしまって、もろに喰らって死にました。コンティニューコインはまだあるので、なんとかクリアできました。もう二度とやりたくないです。

2番目はベヒーモス『第1脊髄』でした。



ラスボスの水色のでっかいタコが苦手でしたね。そういえば。

3番目はグランプロリスの『燃え盛るグラックカラック』でした。



懐かしい~と思いながらプレイ。

4番目は、見知らぬ者の要塞『オデッサ市街戦』でした。



大転移前、このエリアはやっていなかったので初見です。


お兄さんたち、格好いい。


なんか惚れた(笑) お兄さんたちが粋です。お兄さんたちとアジトで肩を組みながら『漢のありかた』を語り合う仲になりたいですね。ちんこのもみ合いバトルや、雄種の飛ばしっこ(飛距離の競い合い)などで漢を磨き合うことができたら最高です。

5番目は萬年雪山の『稜線』です。地味に嫌いだったダンジョンです。



以前は、すべてにおいて動きが速くて苦手でした。今回はスキルのおかげでクリアできました。



最後のクエストはNPCに会うだけでした。この一連のクエストは完了しました。よかった、よかった。



それで、この後はどうなるのだろうか。



       ◆◆◆◆◆◆



メインキャラクターの『薬草医ラルフ』さんは、怒濤の勢いでレベルが上がり、とうとう63にまでなりました。



まるで嘘のようです。

操作もだいぶ慣れてきましたし、以前のように単にスキルをひたすらぶっ放すだけという攻撃の仕方も改め、敵の動きを見切ってスキルを放つ ” 基本的な ” 戦い方になりました。

今わたしは、やる気に包まれているので、本当に今のうちにレベルをがんがん上げていこうかと思います。まだ経験値2倍の効果が続いているのでね。


拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]