忍者ブログ

薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』

Medical Herbalist Ralph ≪ Wholelovedly From Whale Front, on and on ≫   こちらのブログはゲーム関連の記事だけの分家です。本家は『龍執事のハテナすぎる角』のほうです。PCオンラインゲームやPCブラウザゲームの記事がほとんどです。  【注意】記事をお読みになる際は ”日付” にご注意ください。すでに仕様が変わってしまった内容も多々あります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2Dの海びらきカード( A Happy Awaited Ocean! )

オンラインゲーム『アラド戦記』からの話題です。

ミラーアラドは、今のところ16種類のダンジョンに当たりました。本当に懐かしいです。今回、さらに4種類のダンジョンが当たりました。

・ ベヒーモス『神殿外郭』

どんなダンジョンだったか覚えていなかったのですが、白と黒のラスボスを見て、なんとなく思い出しました。でも、印象が薄いかな。



・堕落の殿堂『G.B.L.ふ化場』

なんとなく苦手だったところです。



・グランプロリス『サンダーランド』

初級レベルダンジョンの最初の鬼門だった記憶があります。その当時、ラスボスの雷攻撃で何回か死んだような記憶があります。



・『レッドストーン』

頭が『?????』となりました。ミラーアラド用の新ダンジョンでしょうか。



という感じでした。『レッドストーン』だけはよくわかりません。タイムトライアルだったので、じっくりスクリーンショットを撮りながらのプレイはできませんでした。

これで20種類のダンジョンに行ったことになるので、残り30種類ですね。コンプリートまでは遠いですね。その当時の苦労が記憶に蘇るダンジョンもあります。


そんな最中、『薬草医ラルフ』さんはレベル67になりました。



破竹の勢いですね。帰還者ボーナスのおかげです。



       ◆◆◆◆◆◆



『アントベル峡谷』のシナリオ(正確には ” エピッククエスト ” )も終わり、いよいよ『海上列車』に突入です。このあたりからアラド戦記も本番になるのではないでしょうか。



入り口では、大男の木像がこちらを睨んでいます。なんか好きです、この門。この木像のモチーフになっているNPCが、どこかにいるのでしょうか。

この方々の『なりきりコスプレ』アバターがほしいです。顔もこの顔になるアバター!(笑) もしくは、クリーチャー(お供のペットみたいなもの)も可愛いのでほしいです(もしかしたら、過去にあったかもしれません)。

では、門をくぐりましょう。



このベルン=ボネガードさんに話しかけてスタートです。話しかけたのは、まだレベル65の時でした(商店のラインナップを見ようとして、間違えて話しかけてしまいました)。

まず最初のダンジョンは『列車上の海賊』です。



ああ、きれい! この列車(に見えませんが)の上が舞台です。かもめが飛び交うダンジョンですね。最初、かもめも敵かと思いました(不信すぎ)。



今のところは難なくクリアできました。とはいえ、どんどん難しくなってくるでしょうね。

今回はひとまず様子を見るだけだったので、ここまでにしました。



       ◆◆◆◆◆◆



アントベル峡谷の業績クエストで完了していなかったもののなかで、収集型のクエストがあったので、” 追撃殲滅戦 ” にこもっていたら、とうとうレベル68になりました。



『海上列車』の適正レベルが68までなので、なんかやばいかもしれません。大丈夫かな。

それから、” 追撃殲滅戦 ” にこもったのには、もうひとつの理由があります。



ボスユニーク(ボスを倒すと超低確率でドロップする装備など)の『次元の時計』という数珠がほしいんですよね。

難易度エキスパートを周回しようかと思っているのですが、出ないかな? マスターは正直キツかったんですよね(ラスボスが)。

でも、まあ、『海上列車』のほうが優先でしょうね。適正レベルを越えてしまうと、経験値などに影響が出るような気がするので。



ということで、まだまだ遊んでいます。倒せない敵が出現したら挫折してやめると思いますが、今のところはそのような敵に遭遇していないので、意欲満々です(笑)


拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]