忍者ブログ

薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』

Medical Herbalist Ralph ≪ Wholelovedly From Whale Front, on and on ≫   2016年7月4日にアメブロから引っ越してきました。本家『龍執事のハテナすぎる角』からゲーム関連記事を分離するために、こちらのブログを立ち上げました。本家と同じように、文章の修正や画像の貼り直し作業中です。今しばらく閲覧づらい状況です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・あなたという武闘家にたどり着いて。

オンラインゲーム『アラド戦記』からの話題です。

スジュ武闘場『黄龍大会』の武闘家にハマって今日で何日?(笑)

アラド戦記には『動画撮影』機能があります。それを使って武闘家の動画を撮ってみようかと思いつきました。技は画像で断片的に紹介するより、動画を使って連続的に紹介したほうがわかりやすいですもんね。

ということで、撮影してみました。


・・・音声しか撮れませんでした(・ω・)


一応ファイルは『動画』なのですが、画面が真っ黒。でも、音声は撮れたので、武闘家たちの『ボイス』だけでもアップできないかやってみました。

慣れないムービーメーカーに悪戦苦闘しながらも、なんとか編集できました。動画から音声だけを抽出して、静止画にかぶせただけですけれども。

今回アップしたのは『試合前のひと言』です。たった一言ですが、この口調である程度の性格を予想することができます。声優さんって素晴らしいですね。



       ◆◆◆◆◆◆



ということで、私が惚れた武闘家の肉声をお聞きください。2~4秒のほんの一瞬です。今回から私の ” 惚れこみ度 ” 順に紹介していきたいと思います。

〚漢音〛


今いちばん惚れこんでいる武闘家『漢音』さんのボイスです。『Foo!』のノリが男らしくて超・格好いいです。ストイックで堅そうなお姿に反して、このノリはギャップが効いていますよね。軟派というわけではなく、粋(いき)なんだと思います。男はやっぱり粋が良くてこと『男』ですよね。本当に漢音さんのこのノリが男粋で大好きです。


〚辰〛


漢を絵に描いたような男『辰』さんのボイスです。すぐにでも試合開始したいという血気の持ち主です。堅くて荒々しい口調ですが、このぶっきらぼうな口調が男らしい辰さんには似合っています。でも、不思議と野蛮で粗野な印象を受けないですよね。それは、『辰家』という槍術の家元、もしくは次期家元だと推測されるので、野蛮さではなく ” 風格 ” を持っているからだと思います。とにかく男らしくて格好いいですよね。


〚ホ=リュ〛


男らしい口調が格好いい『ホ=リュ』さんのボイスです。自己流派の無頼漢かと思いきや、伝統を重んじる真面目な性格の男でした。武骨だけれども力強い口調に、生一本な性格であることも窺い知ることができます。総じて『男は弱者を護る』という昔ながらの男気も持て合わせていて、兄貴肌だと推測できます。色黒なのも素敵ですよね。


〚ひゅーん!〛


豪快なおやじという印象の『ひゅーん!』さんのボイスです。アラド戦記 WIKI によると果物屋を経営しているということです。絶対に居酒屋だと思っていました。口調から、包容力があり人情家だという印象を受けますよね。ヒゲ坊主の強面(こわもて)と少しギャップがありますね。そういうギャップが人気の秘密なんだと思います。おっさん教信者なら射抜かれているはず。


〚ならず者 子規〛


社会のはみ出し者『ならず者 子規』さんのボイスです。とにかく自信家の口調です。男は自信家のほうが格好いいものです。ただし ” 正統派 ” をからかったり、煽ったりするような自信だと思います。また、我利我利亡者により煙たがられる存在ではあると思います。群れを成して生きるより、ふだんは一匹狼で過ごす印象ですが、意外と人懐っこいかもしれません。この口調で自慢話や武勇伝を語ると、意外と格好いいはずです。


〚文殊〛


重鎮口調が男らしい『文殊』さんのボイスです。どっしりと構えた風格が格好いいです。でも、どっしり口調のなかにも、素晴らしいことを素直に認める余裕を感じます。伝統を重んじながらも新しいことに挑戦する『温故知新』の精神を持っていると、その口調から判断できます。紳士的な身のこなしはできないまでも、武骨ながらも人の話にきちんと耳を傾ける姿勢がファンを作りだすかもしれません。


〚ターフェイ〛


とにかく堅い印象の『ターフェイ』さんのボイスです。頑固な性格なのは口調からもわかります。また、男らしい一本気な性格でもありそうです。その一本気な姿勢に格好良さを感じると思います。寡黙で一緒にいてもひと言も話さないかもしれません。



       ◆◆◆◆◆◆



ということで、試合前のひと言だけですが紹介しつつ、ボイスから予想される彼らの性格について書いてみました。

もし私が負けた時も、彼らのボイスってあるんでしょうかね。負けたくはないのですが、ボイス確認のために犠牲になる?(笑)

漢音さんに本当にハマっていますが、辰さんやホ=リュさんも格好いいですよね。もし私がゲームの世界へ行けたら、彼らと男同士の付き合いをしてみたいです。

なんか武闘家にハマっちゃいましたね。そういえば『風震』さんも好きなNPCでしたね。やっぱり武闘家や格闘家に格好良さを感じるのかもしれません。格好いいですよね。



       ◆◆◆◆◆◆



ハマリついでに、アラド戦記が遊ばれている国や地域で、彼らはどのようによばれているか調べてみました。表にまとめました。



表にまとめてみたら面白かったです。さまざまだな~という印象でした。

韓国語の発音の解釈の違いからなのか、結構バラツキがあるように思います。特に、日本と中国で漢字が異なる場合があるんですよね。

『漢音』さんと『辰』さんは日本のネーミングのほうが好きですね。ドット絵とも合っていますし、武闘家っぽくて格好いいですよね。

『ひゅーん!』さんは韓国語の音をそのまま当てると『ぴゅーん/びゅーん』だということが判明しました。中国語の『飛永/フェイヨン』さんという名前のほうが好きですね。

『ホ=リュ』さんは中国語の『虎流/フーリュー』さんという名前のほうが格好いいです。日本名はなぜ『=』を入れたのでしょうか。

そうそう、文殊さんが試合前に『雷神派の…』と言った後に名前を発するのですが、韓国語名の『ムンス』とおっしゃっていたんですね。



ちなみに、この『武人の都市ショナン』はというと、
 韓国語:무인의 도시 쇼난(ムイネ・トシ・ショナン)
 中国語:虚祖首都 素喃 [ xu1zu3 shou3du1 su4nan1 ]
 英語 :City of Shonan(マップは Shonan City という記載)

だそうです。中国語だけは『スジュの首都ショナン』というような意味合いのようです。また、ロード画面の表記は『虚祖国都 素喃』となり、エリア名の表記と微妙に異なります。それから、『スジュ武闘場』は『虚祖武斗大会』という表記になります。



       ◆◆◆◆◆◆



上記のことを調べていたら、偶然『青龍大会』の出場者も見つけてしまいました。格好いい武闘家がいたので今から楽しみです。どんなボイスなのでしょうか。また惚れてしまったら、また変態妄想を書き綴るかもしれません(笑)

意を決して行ってみようかな。



拍手[0回]

PR

Copyright © 薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]