忍者ブログ

薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』

Medical Herbalist Ralph ≪ Wholelovedly From Whale Front, on and on ≫   2016年7月4日にアメブロから引っ越してきました。本家『龍執事のハテナすぎる角』からゲーム関連記事を分離するために、こちらのブログを立ち上げました。本家と同じように、文章の修正や画像の貼り直し作業中です。今しばらく閲覧づらい状況です。

私のワクワク感と、ゲーム外のモンスター殲滅。

今回はゲームの遊戯日記ではありません。


先日『XAOC(ザオック)』が復活する、という記事を見かけました。


やった~(^ω^)

このゲームは、以前、日本でのサービスが終了したオンラインゲームです。このたび、別の運営会社が復活させてくれるそうなんです。2015年内にはサービス開始するそうです。

このゲーム、とても興味があったんですよね。ゲームコンテンツに『温泉』を取り入れたり、台湾茶道ができたりと面白そうだな~って思っていたんです。

世界観は『東洋武侠ファンタジー』なのかな。台湾製のゲームでCGも台湾チックです。この世界観のゲームでは今まで遊んだことがないです。

ジャンルは『アクションMMORPG』ですが、私にとってこれはそれほど重要なことではありません。オンラインゲームのほとんどがこのジャンルなので、何も期待しません。

復活したときはぜひ遊びたいですね。Vistaでも遊べるようにしてください(懇願)。



       ◆◆◆◆◆◆



もうひとつ気になるオンラインゲームがあります。

それは『グラナド・エスパダ/ Granado Espada 』です。韓国製の西洋中世ファンタジー・アクションMMORPGかな。

この ” ヴェイル ” さんにひと目惚れしました。



中田譲治さんの渋いボイスが『渋いおっさん』を渋~く演出しています。キャラクターの設定からすると、もっとチャラい感じなのではないかと思うのですが、気にしないのが大人なのです。

結構古いオンラインゲームなのですが、CGがきれいです。


そして、このゲームで最も称賛されているのが『BGM』です。


オンラインゲーム史上最高のBGMなのではないかとささやかれていました。動画でアップされているBGMを視聴してみましたが、なるほど!という感じです。オーケストラあり、テクノあり、じつにバラエティーに富んだハイクオリティーのBGMが用意されていました。

個人的に気に入ったBGMの動画を拝借させていただきます。

① Castle Of The Lonesome
  私がいちばん始めに聴いたBGMです。この曲の格好良さに惚れました。


 

② Mother
  きれいな旋律が素敵な、3拍子のクラシックです。




③ Granado Espada
  落ち着いた3拍子のピアノ曲です。このゲームのテーマ曲のようです。




④ Return Of Afterglow
  ロックテイストで格好いい曲です。爽快感と疾走感がバイクっぽい感じです。




このゲームは『3キャラクター同時操作可能』という風変わりなコンテンツがあり、そこがこのゲームの魅力だそうです。私には操作が難しそうな気がします。

インストールしようか、ただいま悩み中です。もし、このゲームで遊んでいる方がいらっしゃいましたら、どんな感じのゲームか教えていただけると嬉しいです。



       ◆◆◆◆◆◆



格好いいキャラクターと言えば、『 Яскер /ヤスキェル』さんですよね。

 

ロシア製のオンラインゲーム『 Аллоды /アロードゥィ』の敵キャラです。日本名および英語名では『アロッズ/ Allods 』です(※ ” -ы ” が複数語尾なので ” -s ” の訳にしたようです)。

残念ながら、日本ではとっくの昔にサービス終了になってしまいました。本場ロシアではサービスは続いています。

格好いいお方です。ゲームのスクリーンショットを見ると、ゲーム内でもこんな感じの『渋いおっさん』です。重厚感のある風格が重鎮っぷりを演出しています。


興味があったのですが、時すでに遅し! もし、日本で復活したら遊んでみたいです。



       ◆◆◆◆◆◆



いろいろなオンラインゲームが登場しますが、たぶん日本のゲーマーを満足させるゲームはもう登場しないのではないかと思います。



【原因1】日本人はレベルを上げるとなったら、死ぬ気で上げにくる

日本人はレベルを上げるとなったら、死ぬ気で上げにきます。ゲーム内に特に制限がなければ、5時間も6時間も画面に張り付いてプレイします。

早くレベルキャップ(レベル上限値)まで到達して ” もっとも強くなった状態で遊びたい ” 願望があるのではないのでしょうか。

運営さんはユーザーの進捗状況を予測して、徐々にコンテンツを実装していきます。そんな運営さんの予測をはるかに上回るペースで、日本人はレベルを上げにきます。

レベルキャップに到達したユーザーのなかに、こんなことを口走る輩が出現します。
 『運営さん、実装遅くて糞』
 『やることなくて、ヒマ』
 『なんかつまんないからやめるわ』

こんな不平・不満を後続のユーザーにも愚痴るユーザーが現れます。そうなると、雰囲気が悪くなるんですよね(私の体験談です)。



【原因2】目新しいものを求め、要求を吊り上げるハードル上げ屋

MMORPGはすでに『ゲームの型』のようなものが出来上がっています。なので、大体同じようなゲームコンテンツになるかと思います。また、PCの機能自体にも限界はあります。

問題はユーザー側です。今までにやったことのないコンテンツを求めるがために、コンテンツに対するハードルをガンガン吊り上げていくユーザーが多いです。

なので、型どおりに作ったゲームについて『同じ内容』『いたって普通』とケチをつけるユーザーがいます。『古臭い』『しょせん量産型』『面白くない』とまでいう始末です。

みずからハードルを吊り上げていることに気づいていません。



こんなモンスターゲーマーとは一緒にされたくないですよね(・ω・)

私は単純にゲームが好きなので遊んでいます。『オンライン』というコンテンツを含んでいることは、その恩恵は『チャット』や『競売所』などで感じています。


ということで、XAOC(ザオック)楽しみです。


拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
薬草医ラルフ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/08

P R

Copyright © 薬草医ラルフ『鯨前線から愛をこめまくって』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]